県北中津から大分トリニータを応援するブログ

週末の至高はトリニータ!!そんな管理人がトリニータを綴るブログです

2017年J2第42節大分トリニータ2-1ロアッソ熊本


今シーズン最後の試合、バトル・オブ・九州、九州ダービーのロアッソ熊本戦
昇格のチャンスは無くなったけど、最後の締めくくりとして、ホーム最終戦として負けられない試合。一方の熊本はJ3の結果にはよるけど降格の可能性はあるから死にもの狂いです。もちろん勝負は正々堂々と真剣にです。


大銀ドームはいつもより人出がありました。最終戦でもあり、引退するぐっさんやクラブを退団する山岸選手等を観に来た人もいたでしょう。いつもより盛況な大銀ドームにはロアッソサポーターの姿もありました。熊本から1000人ほど来たとのこと。

そして、今回のスタグルは今年の締めとして地元中津市(豊前)に本店があるぶんごやの中津唐揚げを食べました。私的にスタグルの中でこれが一番です(熱めしもおすすめ)

そして試合です。


スターティングメンバー
GK 31 高木 駿
DF 8 黄 誠秀
DF 5 鈴木 義宜
DF 6 福森 直也
MF 14 岸田 翔平
MF 48 川西 翔太
MF 33 鈴木 惇
MF 7 松本 怜
FW 9 後藤 優介
FW 20 小手川 宏基
FW 27 三平 和司

【ハイライト】2017明治安田生命J2リーグ第42節 大分トリニータ vs ロアッソ熊本
序盤から大分、熊本と五分五分な展開です。今シーズン培った戦術を熊本に発揮しようとするが、前節の徳島戦のようにはいきません。相手GK佐藤選手のファインセーブもありゴールは生まれず....。熊本も大分陣内に入り、ポストぎりぎりのシュートを打ったり両者ゴールが遠いです。これで後半


ハーフタイム
・相手はシステムを変えてくる可能性があるが、しっかり対応すること
・リスク管理、バランスをとること
・コミュニケーションをとって粘り強くやること
・最後まで一体感を持って集中すること


後半へ。後半47分に鈴木(惇)が相手のパスをカットし前線三平へグラウンダーパス、三平から後藤、そしてシュートするが入らず。チャンスをものにできない時間は後半も続きます。そして後半65分相手のロングボールを相手選手がヘッドで落とし、それを相手MF菅沼選手がトラップしてシュート、その強烈シュートはゴール右上に突き刺さりゴール。またもや先制点を奪われてしまいました。千葉戦、山形戦、徳島戦と続き先制点を許しています。今年のトリニータの逆転勝利は皆無です。


それからも攻撃をものに出来ない、シュートが決まらない状態が続き試合終盤に突入です。ですがこの交代が試合を、サポーターに歓喜を与えます。後半85分、岸田に替わり清本を投入。シーズン序盤に大怪我で離脱していた清本選手が最終節に入ってきました。そんな清本がいきなり結果を出します。交代1分後、川西の素晴らしいパスを清本がライダーキック(笑)で決めました。うん、ライダーキックで決めました。なにあれ、かっこよすぎ。そんな清本のゴールもつかの間後藤の飛び出しに相手がたまらずファウル。試合終盤PKをゲットします。まさかの逆転来るかと興奮気味です。後藤の蹴ったボールはゴール真ん中に決まり、ゴール!!逆転達成!!もう、嬉しすぎ。試合はそのまま終了して勝利!!リーグ最終節を清本のスーパーゴール、後藤の落ち着いたPKで勝利です。


試合後はセレモニーとぐっさんの引退セレモニーの同時開催です。ぐっさんは2015年にトリニータにやってきてJ3に降格してもトリニータに残り、今年も一緒にトリニータで戦いました。感謝です。その後も滞りなく終わり、帰宅です。

苦しい時もありましたが共に最高でした!!
今シーズンありがとうございました!!


バモストリニータ!!


第42節vs熊本戦画像集






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。