県北中津から大分トリニータを応援するブログ

週末の至高はトリニータ!!そんな管理人がトリニータを綴るブログです

2017年J2第41節徳島ヴォルティス1-0大分トリニータ


プレーオフへ崖っぷちの状態からの最重要試合の徳島戦。
勝ちが絶対とされていた試合で、今季最高のゲームで負けてしまいました。
俺らの大分、俺たちが大分


スターティングメンバー
GK 31 高木 駿
DF 5 鈴木 義宜
DF 6 福森 直也
DF 14 岸田 翔平
MF 8 黄 誠秀
MF 48 川西 翔太
MF 33 鈴木 惇
MF 7 松本 怜
FW 20 小手川 宏基
FW 9 後藤 優介
FW 27 三平 和司


前節から大きく入れ替えてきました。
今シーズンの2節からスタメンを張り続けててた上福元に替わり高木選手に
ディフェンスリーダー竹内に替わり、岸田
三平がスタメン復帰



【ハイライト】2017明治安田生命J2リーグ第41節 徳島ヴォルティス vs 大分トリニータ


試合は徳島の攻撃陣に猛烈に攻められるが、統律のとれた大分DFが失点を許さず逆にサイドをテンポよくカウンターで攻めます。勝負の試合です。今節までに鍛えた戦術が火を吹きます。うまく攻めれてる。後半終了。こういう時に得点をしなきゃ後々危ない。


ハーフタイムコメント
・奪ったボールを広いサイドへ展開しよう
・リスク管理をしよう
・風の影響に気をつけるように
・相手との距離感を大事に


後半からは徳島もカウンター対策をちゃんと執れ前半よりはうまく攻めれません。それでもカウンターは効いて決定機も生まれます。今季最高の試合運びです。しかしゴール前に来れても打てず、打ててもGKや枠外に行ってしまいます。最近の決定力の低さがでてました。


66分に三平に替え四国キラーの大津、75分に岸田をシキーニョに替えるが得点は生まれず。逆に劣勢になっていきます。そして81分にソンスに替えて伊佐に交代。うまく攻めれない。前半、後半の決定機を決めきれなかった反動がここで来ます。そして、そのまま恐れていたことが、、、。後半89分、シキーニョから奪われボールは徳島FW陣のいる大分ゴール前に放り込まれます。そのクロスを徳島FWの渡 大生に決めれれ0-1。前節の山形戦と同じ時間帯で失点、、。それも前節の土壇場での同点ゴールは再現されず試合終了。


今節は今季の中では一番動きの良いゲームでした。ですが、やはり、決定力が足りなかったです。今年は勝てる、勝てないチームが明確です。来年はそこら辺も改善してほしい。しかし、まだ、ゲームはあります。最終節の熊本戦です。最後に九州ダービー。熊本さんは残留を掛けた一戦ですので死にもの狂いに来るでしょうが、うちだって最近はホームで勝ててませんし、ホーム最終戦ですので負けれません。熊本戦2勝目を!!


バモストリニータ!!

それでは。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。